体験脱毛から全身脱毛へ

わたしは2年ほど前に巨大資本エステサロンに通っていました。

一番目は脇の脱毛体験を受けました。

美しいな店内、慎重な接客・解説、施術の速さや苦しみの無さ、いずれも素晴らしいものでした。

脇だけだとほんの数分で終わってしまいました。

施術後本会員への解説がありました。

これは体験で受けているのでしょうがないと考えました。

その時は、たくさんなサロンで体験を受けてから気に入ったところにしようと思っていたのですが、体験特典で実際なら半額で契約可能なと言われモヤモヤました。

安価になるとはいえかなりの値段なので困りごとました。

スタッフさんにも一つところずつやっていたら時もお金も必要になるので全身やるつもりがあるなら一緒にやってしまった方がいいと諭されました。

おっしゃる通りどうせやるなら早く開始出来て早く終わらせようと考え全身で契約しました。

値段は12回で約30万くらいでした。

今後の生涯自己処理していく事を考えれば、時も手間も省けるし肌にも優しいので終わった現在はいい購入だったと思っています。

全身だと施術時が長い間4時くらいはかかります。

ただでさえ予約が取りにくいのに時がずーっとなると更に取りにくくなりますので、施術後次の予約を取る事をお勧めします。

わたしは予定がわりと合わず半年くらい施術出来ない事がありました。

一通り終わるまでに2年以上かかりましたが清純になって出来栄えには喜びしています。

懐妊中や授乳中は通えないので、できるだけフレッシュなうちに、時にゆとりがあるうちに初めて望むです。

脱毛について考える

脱毛サロンに通ったきっかけ

脱毛サロンで脱毛
私はなんにでも勘繰りが激しい性格をしています。

だから脱毛を始める際にも大変慎重でした。

万が一そこでコンプレックスをつつかれるような事を聞かれたら腹が立ちます。

自負が傷つくので私は脱毛施設を警戒していました。

もしかして脱毛に行って嫌な気分にされるかもしれないと思ったら必然的に行けなかったのです。

ただしそのような私にも脱毛サロンに行く気になったきっかけがあります。

それは必要ない毛の事で友人の喧嘩になった事です。

私は必要ない毛を前から処理したくて、仲いい仲間にぶつくさぶつくさ必要ない毛の事のジレンマを話していました。

そしたら仲間が「もういい加減にして」って感じでブチ切れて、私に脱毛を勧めてきたのです。

どうやら仲間は延々と必要ない毛の事をブツブツ言われるのに飽き飽きしていたようです。

だから私に「脱毛サロンなり何なり行って、早く脱毛して来てよ」と言ったのです。

私はこの会話にプッツン来て、喧嘩になり、また脱毛サロンへ行く事になりました。

仲間はよっぽど私に必要ない毛の事をぶつぶつ言われるのが鬱陶しかったみたいです。

すごい勢いで脱毛サロンに行けと言われました。

このようなきっかけがあって、現在の私があります。

私の必要ない毛は現在は丸ごとと無くなって、素敵さっぱりです。

こんなに必要ない毛がなくなるとは脱毛サロンも捨てたものじゃないと考えますね。

私は友人に促されて脱毛して凄く良かったと考えます。

私のムダ毛を妹が抜いていた

私はあの日妹を初めてコワイと考えました。

理由を言えばこの妹が腹積もりられないような復讐をしてきたからでした。

朝「痛っ」と強い苦痛に目が覚めました。

「何!?」と思って周囲を見たら妹がもうそばにいます。

しかも次の瞬間妹は私の必要ない毛をピーンとすごい勢いで抜いたのです。

「いて〜ー」と私は涙目になりながら叫びました。

朝起きたら妹が私の必要ない毛を抜いているなんて怖いと考えませんか?別に妹とは喧嘩していた記憶もなく、突然起こしたこの暴挙に感銘しかなかったです。

「何してるの?」と言ったら「復讐」と言っていて、「何の!?」と思わず声高めで聞いてしまいました。

そしたら妹は1か月前に私が無断でプリンを食べた事の仕返しというのです。

なぜそのような時差で仕返しするのか訳が理解いただけませんでした。

現在まで妹の事を当たり前の子だと思っていたけど、この行動は怖かったです。

それに1カ月前の事を思い出して突然仕返しをしようと思う想いもよく理解いただけません。

実際思い出してもあの日の事はささやかなおそれ心として残っています。

あのケースの事を思い出すと背筋がぞくっとします。

ただし、妹はこの復讐をするのはこの日が初めてじゃなかったらしいです。

さらに前からやっていたけど、私は気づかなかったみたいです。

必要ない毛を抜かれたのに気付かない事があった自らにも驚いています。

双方に少々常識的とは違う変わった姉妹なのかもしれません。

ムダ毛に悩む女性

冷えは良くない!!

美しい女性
美容の為に気をつけたい習性としてよくあげられるのは、「体を冷やさない」という事ですよね。

冷えは万病の元とも言いますし、体が冷えないように留意してたくさんのケアをしている方も大勢いることでしょう。

そのような私もその実フレッシュな頃からどんどん冷え性で、特に手足は氷のように冷たく、身内からも(特に冷たい季節は)「冷たい!」と嫌がられたものでした(涙)、でも、美容と健康のために冷え対策を心がけるようにした事で、わずかずつですが改善してきていると考えます。

何より、手足も以前よりは冷たくなくなってきています。

私が冷え対策として有効だったなと思っている事のナンバーワンは、「運動」です。

帰するところ運動する事で血行が良くなるのでしょうね。

運動した後はメイクは落ちているものの、確実に顔色は良いですし肌光沢も良いです。

あとはお風呂につかるという事。

その実私はかなり面倒くさがりというかものぐさな性格なもので、お風呂もシャワーで済ませる…という暮らしを長年送っていたのですが、持ち家を調達してお風呂を広くした事を機会に、シャワーで済ませずにお風呂にのんびりとつかるようになったのですが、そのお陰で確実に冷えが改善してきているのを感じます。

とどのつまりお風呂に入るという事は血行を良くする成果が絶大なんですね。

実際まで「お風呂は体の汚れを落とせれば良い」と思っていた自身を反省しました。

今後は、冷え対策は当然ですが、健康や美容のため、加えて自身自分の息抜きのためにも、一段とバスタイムをエンジョイたいなと思っています。